IVFへの導入

 

定義

IVF(In vitro fertilization, 体外受精)は女性の卵巣から採取した卵子(ova)に施す治療です。研究室内で、卵子(ova)を精子と共存させることにより得られた受精卵(embryo, 胚)を、数日間培養した後、女性の子宮へ戻します。
 

目的

IVF(体外受精)は、子供を望む不妊カップルを支援するための生殖補助医療技術(ART)の一つです。

避妊をせずに1年間性生活を行っているにもかかわらず、女性が妊娠することができない場合は、不妊症が疑われます。不妊症の原因としては、女性の場合、卵管の閉塞もしくは損傷、ホルモンバランスの崩れ、または、子宮内膜症が考えられます。男性の場合は、精巣の損傷もしくは機能障害、精子の数が少ない、または、精子の運動能力不足が不妊症を引き起こす可能性があります。

IVFは、不妊カップルが妊娠する確率を増やすために有効な治療方法の一つですが、不妊の原因に依っては適切な治療方法が異なります。例えば、女性に子宮内膜症がみられる場合は、IVFを試みる前に、手術を行う必要があるでしょう。

IVFは、卵管閉塞などの卵管性不妊に適した治療法と言われています。最近では適応範囲が広がり、顕微授精(ICSI)の技術によって、精子の数や運動能力が不足している男性不妊にも有効な手段となっています。また、子宮内膜症あるいは原因不明の不妊症などで其々に応じた治療を行っても妊娠できない原因不明不妊、難治性不妊にも有効とされています。

 

注意事項

スクリーニング法や不妊治療は、長期間におよび、かつ、高額にもかかわらず、時に残念な結果となる場合があります。不妊治療の中で、IVF(体外受精)は、健康保険適用外の治療です。1回のトライは、1生理周期(生理後~妊娠または次の生理がくるまで)の治療で、60万円~120万円ほどの費用がかかります。

不妊は、各個人にも夫婦関係にも大きな不安を与えます。複数のクリニック訪問、テスト、治療、外科手術にかかる費用とストレスは、膨大なものとなってしまいます。不妊治療中のカップルは、同時にカウンセリングやサポートを受ける場合があります。

 

説明

IVF(体外受精)は、卵子と精子の受精を女性の体外で行う手法です。女性には、まず、卵巣で複数の卵子が育つよう、排卵誘発剤等を投与します。次に、長くて細い針もしくはチューブを使用して、女性の卵巣から卵子を採取します。卵子の採取には主に2つの方法があり、1つは、膣(経膣)を介して針を挿入する方法です。医師は、超音波機械の助けを借りて、卵巣の位置へ針を案内します。もう1つは、腹腔鏡と呼ばれる手法で、ビューレンズと小さな細い管を、臍(ヘソ)の切開部から挿入します。この方法では、医師はビデオモニター上で卵巣を見つけることができます。

卵子を採取したら、シャーレや試験管内で精子と混合し、数日間モニタリングします。(これが、“試験管ベビー”と呼ばれる由縁です。)受精の証がみられると、細胞分裂(卵割)を観察できます。その後、受精卵を女性の子宮へ戻します。

卵子を採取する過程で、十分な数の卵子を採取できた場合は、再トライのため、もしくは、2人目の妊娠のために、受精卵もしくは卵子(未受精)のいずれかの状態で、一部を凍結保存することができます。2004年のMayoクリニックの調査で、凍結保存された精子は、新鮮な精子と同様、IVFに有効であったと報告されています。IVFは、イギリスでこの方法による第1子が誕生した1978年以来、多くのカップルに使用されてきました。

生殖補助医療技術(ART)には、IVFの他にも様々な種類の技術があります。

最近では、顕微授精と呼ばれる、細胞質内精子注入法(intracytoplasmic sperm injection, ICSI)が、良く用いられるようになりました。ICSIでは、顕微鏡を使用して各卵子に一つの精子を注入するマニピュレーション技術が必要とされます。ICSIによって受精された受精卵は、IVF同様、子宮に戻されます。

配偶子卵管内移植(gamete intrafallopian tube transfer, GIFT)では、卵子と精子を狭いチューブ内で混合し、卵管へ移植させます。

接合子卵管内移植(zygote intrafallopian tube transfer, ZIFT)では、IVFのように、シャーレ上で卵子の受精を確認した後、GIFTのように、受精卵を卵管に戻します。

 

準備

IVF(体外受精)治療において、医師はまず、女性に「排卵誘発剤」を投与します。排卵誘発剤は、卵巣を刺激することで複数の卵胞を発育させ、複数の卵子の排卵させるための薬剤で、卵巣機能障害の有無にかかわらず、妊娠率向上のために投与されるのが一般的です。排卵誘発剤の種類には、GnRHアゴニスト(gonadotropin releasing hormone agonists, GnRHa)、パーゴナル、クロミッド(排卵誘発剤クロミフェン)、ヒト絨毛性ゴナドトロピン(human chorionic gonadotropin, hCG)等があります。投与後は、超音波検査や血液検査によって卵子の成熟状態を監視します。卵子が十分成熟すれば、それらを採取する過程に移ります。卵子採取は麻酔なしで行う場合が多いですが、その際の痛みには個人差があります。処置中の不快感を軽減するために、鎮静剤や局所麻酔剤を使用する場合もあります。

 

治療後

IVF(体外受精)で受精卵を移植した後も、女性は普段通りの生活を送ることができます。スポーツなどで身体を動かしても構いません。妊娠が成功したかどうかを判断する検査は、12〜14日後に行うことができます。

 

リスク

IVF(体外受精)に関連するリスクとして、子宮外妊娠(子宮外の卵管や腹腔内で妊娠する症状)があります。また、わずかな確率ではありますが、卵巣破裂、出血、感染症、および麻酔の合併症の危険性もあげられます。IVFが成功し、妊娠が成立した後は、自然妊娠の場合と変わらないリスクがあります。

 

妊娠成功率

妊娠の成功率は、クリニックや医師によっても異なり、患者の年齢などによっても大きく変わるもので、妊娠を保証するものではありません。妊娠を達成するまでに、治療を数回繰り返さなければならないことがあります。

ただし、妊娠成功率は、 1995年の20%から、2001年には27%まで改善しています。

 

異常妊娠

子宮外妊娠の場合は、手術をして受精卵を取り除く必要があります。また、母親の健康が危険にさらされている場合は、治療の中止が必要な場合があります。

 

重要用語集

卵管
女性の生殖器の一つ。卵子を卵巣から子宮に運ぶの左右1対の管。

GIFT
配偶子卵管内移植(gamete intrafallopian tube transfer)の略語。卵子と精子を狭いチューブ内で混合し、卵管へ移植させるプロセス。

ICSI
細胞質内精子注入法(intracytoplasmic sperm injection)の略語。細いガラス管を使用して、卵子に直接、単一の精子を注入し受精させる方法。精子の数や運動能力が不足している男性不妊にも有効な手段となっています。

ZIFT
接合子卵管内移植 (zygote intrafallopian transfer)の略語。IVFのように、シャーレ上1日培養し、卵子の受精を確認した後、GIFTのように、受精卵を卵管に戻します。