患者様へ

 

CO2濃度や温度が最適に制御された環境下で、体外受精(IVF)や細胞質内精子注入(ICSI)の作業ができるようになります。 従来、ICSIや胚発育の観察は顕微鏡下で行うため、一時的に、胚をインキュベーターから取り出す必要がありました。作業終了後は、潜在的なダメージを避けるために、できるだけ早く胚をインキュベーター内へ戻さなければなりません。 この工程は、胚の品質評価と移植する胚の選定のために、多くの場合において培養期間中毎日行われます。

タイムラプスの利点

  1. 胚発育過程の新たな発見
  2.  

    Miri® タイムラプス(TL)インキュベーターのタイムラプスモニタリングシステムにより、受精から移植の日までの胚発育過程を観察することができます。 従来手法では滅多に見ることのできなかったフラグメンテーション、reverse cleavage, cleavage failure、多核化、その他胚の形態運動的分析における重要なパラメーターを捉えることができるようになりました。 これら事象の観察によって得られる情報は、胚の生存能力や胚移植の成功率(妊娠率)を評価する上で重要な手がかりとなります。

     

    Miri® TLは、培養胚を5分間隔で自動的に撮影し、保存します。 Miri® TL用ソフトウェアを用いることで、常時、胚発育過程のモニタリングや比較、移植胚の選定が可能です。これら評価によって、培養胚に発生し得る異常の発見にもつながります。 また、評価時に培養胚をインキュベーターから取り出す必要はありません。全てCO2濃度や温度が最適に制御されたインキュベーター内で行うことができます。 正確ー優良ー安全

     

  3. 胚発育過程の情報は、患者、治療の詳細情報と共にドキュメント化し、一括管理
  4.  

    画像や動画は電子データで保存されます。培養士による胚の評価、移植胚の選定、また、今後の治療の参考資料として役立ちます。

 

Miri® TLとは?

Miri® TLとは、タイムラプス機能付きのインキュベーターです。培養胚をインキュベーター外に取り出すことなく、胚発育過程の詳細をモニタリングすることができます。

 

培養胚モニタリングの仕組み

Miri® TLは、インキュベーター、顕微鏡、カメラを一体とすることで、胚発育を乱すことなく胚の形態運動をモニタリングすることを可能にした、次世代型のタイムラプスインキュベーターです。胚への環境ストレスを減らすことで、胚の生存能力を高め、胚移植の成功率(妊娠率)の向上に繋がります。

 

患者様にとっての利点

  1. 妊娠率向上のカギは、最適な胚発育と良好胚の選定

    • Miri® TL の特徴を紹介します。
    • 安定した高精度制御によって、患者様の胚に適した培養環境を提供
    • タイムラプス撮影の利用で、評価時に胚をインキュベーターから取り出す必要がなくなり、環境のかく乱抑制と胚へのストレス要因最小限化を実現
    • 6つに区画された独立チャンバーによる培養胚の交叉汚染防止
    • 優れたエアフィルター及び滅菌機能付き
  2.  

  3. サンプル同士の交叉汚染を防止

    • 6つの完全独立した培養チャンバーで各患者様の胚を個別に培養することができます。従来のインキュベーターでは、1つのチャンバー内に複数の培養皿を管理するため、培養皿の出し入れの度に、チャンバー内にかく乱を引き起こし、他の培養胚にストレス要因を与えることがありました。Miri® TLは、各患者様の培養胚を独立したチャンバー内で個別に管理できるため、そのようなストレス要因を最小限に抑えることができます。
  4.  

  5. 赤ちゃんの成長過程をもっと前から記録

    • Miri® TLは、画像や動画の記録ができます。赤ちゃんの成長記録に受精卵として誕生した瞬間の記録も加えることができます。
  6.  

  7. ドキュメント化と評価

    • 胚移植の成功率(妊娠率)を向上させるために、より良い選定の基準となる新たな情報を得ることができます。
    • 画像や動画の蓄積データは、繰り返しの着床失敗時や流産の再発時など、胚に関する多くの情報が求められるような場合において役立ちます。
  8. 生存能力のある胚数の増加

    • 最適環境下における胚発育により、以前よりも、生存能力の高い良好胚を得やすくなっています。.
    • もう1人赤ちゃんを授かりたい方の場合、良好胚であれば、凍結し保存しておくこともあります。